コエンザイムQ10とは

「コエンザイムQ10」は、ユビキノン・補酵素Q10・コーキューテンともいわれるサプリメント成分です。エネルギーを作るのに欠かせない成分で、細胞を活性化させ、強い抗酸化作用を持ちます。全身の細胞のブドウ糖の燃焼を補佐する役割を担っているのです。もとは心臓病を治療するための医療用医薬品でしたが、規制緩和によりサプリメントや化粧品にも配合できるようになったことから、健康だけでなく美容のためにも「コエンザイムQ10」が注目されるようなってきました。人体の中でも「コエンザイムQ10」が多く存在している部位があり、それは心臓、腎臓、肝臓などです。これらの臓器は身体の重要な機能を持つことからも「コエンザイムQ10」が人体で大きな役割を果たしていることが分かると思います。エネルギーを作り出す補佐をするだけでなく、抗酸化作用に対しても強い効力があり、細胞が劣化、老化することを防ぐ役割もしています。

加齢とともに体内の「コエンザイムQ10」は減少していきます。「コエンザイムQ10」が不足すると、肌のハリを保つ「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」がつくられにくくなり、年齢肌のトラブルにつながります。「コエンザイムQ10」は、生物の体内で合成される物質なので、人間以外の他の動植物にも含まれています。そのため「コエンザイムQ10」を食品(イワシやサバなど)から取り入れるということも理屈のうえでは可能ですが、「コエンザイムQ10」の含有量は微小なため、効率的に補うにはサプリメントの利用が一般的となっています。「コエンザイムQ10」の1日の摂取目安量は60mg〜120mgといわれています。

「コエンザイムQ10」の効能としては、血圧の高い状態が続くと発症しやすい動脈硬化に対して、活性酸素を取り除きしなやかにし、高血圧による心筋梗塞や脳梗塞から守る効果があります。また、「コエンザイムQ10」は代謝速度をあげる効能も持つ為、肥満解消にも効果的です。肥満の原因は脂肪がエネルギーとして使われないからです。「コエンザイムQ10」は細胞の中で代謝によるエネルギーの効率化を高め、減量を促進します。

このように、「コエンザイムQ10」の効果は、健康維持、抗加齢、美容、スポーツなど、さまざまな分野で注目されています。