乾燥肌

「乾燥肌」は季節によっても年齢を問わず私たちを悩ませているお肌のトラブルですね。肌が乾燥するとかゆみを感じる方も多いのではないでしょうか?肌の乾燥を放っておくと、表情じわが深い「しわ」になったり、紫外線が肌に侵入しやすくなって「しみ」の原因になったり、肌細胞の働きが低下して「くすみ」を引き起こしたりしてしまいます。年齢肌のトラブルのさまざまな原因となっているのが「乾燥肌」です。ここでは「乾燥肌」になる原因についてご紹介します。

乾燥肌の原因

加齢による「乾燥肌」は、年齢とともに新陳代謝が低下して、肌の皮脂量や水分量が減少してくることにより起こります。健康な肌の場合、肌の表面に近い角質層の細胞の中の天然保湿因子(アミノ酸)や角質細胞間の脂質(セラミド)が水分をしっかり保つとともに、汗と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜が表面を覆って水分の蒸発を防ぎ、さまざまな刺激から肌を守っています。ところがこの肌の皮脂量や水分量は、とくに30代をピークに急激に減少してしまいます。肌の皮脂量や水分量の減少により保湿力が弱まる一方で、エアコンの使用や空気が乾燥する季節によって、さらに肌がうるおいを失ってしまいます。加齢による乾燥の他にも、長年、せっけんやナイロンタオルなどを過度に使用しつづけたことによる肌のブロック機能の破壊というものが原因となっている場合もあります。
かゆみを伴う肌の乾燥の原因は、肌の皮脂量や水分量が減少して細胞間にすき間ができて粗くなり、本来なら肌の深部にあるかゆみを感じる神経が表面まで伸びてきたことによります。その神経が外からの刺激を受け、かゆみを引き起こす「ヒスタミン」の放出を促すように働く為に、かゆみを感じるようになります。かゆいので皮膚をかくとその神経を刺激して、ますますかゆくなるという悪循環を起こしてしまいます。「乾燥肌」のかゆみを改善するには、「乾燥肌」を改善するしかないということになります。
「乾燥肌」は「しわ」「しみ・たるみ」の原因にも深く関係していますので、「乾燥肌」の改善は年齢肌のトラブル対策に非常に有効だと言えます。