乾燥肌のエイジングケア

「乾燥肌」のエイジングケアとして欠かせないのが「保湿」です。冬など空気が乾燥していて、かつエアコンで室内も乾燥している時期は、加湿器を使う、水を入れた器を部屋に置く、洗濯物を室内に干すなど、室内の湿度を60%前後に保つことが大切です。アロマスチームやミストサウナ、蒸し風呂などを利用して、保湿された環境に身を置いてみることも心地よいでしょう。

次に「乾燥肌」のエイジングケアに欠かせないのがスキンケアです。顔だけでなく、全身の肌にローションやクリームで潤いを与えてやり、水分を逃さないように保湿してあげることが大切です。まずローションをつけて水分を補充し、油分を含む乳液やクリームでフタをして水分が蒸発しないようにしましょう。その際、アルコール、香料など、肌に良くない成分が含まれる化粧品は避け、無添加で低刺激のものなどを選んだ方が良いでしょう。最近はヒアルロン酸やコエンザイムQ10などおなじみのものに加え、肌の細胞を元気にするローヤルゼリーなど、注目の成分が入った美容液も登場していますので、取り入れてみるのもおすすめです。冬場など乾燥しやすい季節は特に念入りに行うと効果的です。

また、入浴や洗顔をする時、顔や体を洗いすぎないように注意することも大切です。顔は洗顔料は使用せず、体もナイロンタオルは使用せずに、無添加で低刺激のせっけんをよく泡立てて、泡を撫でるように手で優しく洗うのが良いでしょう。洗った後は、せっけんカスが残らないように、せっけんを十分にすすぎましょう。その際、ゴシゴシ洗うと角質層が壊れてしまいますので注意してください。顔や体を洗う時は、ぬるま湯で洗うのが良いでしょう。熱いお湯につかりすぎるのもよくありません。また、洗顔後や入浴後は、すぐにローションやクリームで保湿することが大切です。

洗濯に使用する液体やクリーム状の洗剤は多量に使用しないことも「乾燥肌」のエイジングケアに有効です。下着などの着衣に綿製品を選ぶことも大事です。また、肌の表面を覆っている皮膚の再生力を高めることも大切です。そのためには、規則正しい生活を送ることです。不規則な生活や睡眠不足は、肌トラブルを起こしてしまいます。栄養バランスのとれた食事を摂り、十分な睡眠をとり、ストレスを溜めないことが大事です。
こうして「乾燥肌」が改善されれば、自然とかゆみもやわらいできます。