しみ・くすみ

「しみ」や「くすみ」も私たちを悩ませる年齢肌のトラブルですね。紫外線や加齢などによってできる、小さな色素沈着。そんな「しみ・くすみ」の原因をご紹介します。

しみ・くすみの原因

「しみ・くすみ」は外部からの刺激や体調の変化によって出来てしまいます。「しみ」の原因には、紫外線が大きく影響しています。紫外線などの刺激を受けると、細胞内で活性酸素が発生し、色素形成細胞(メラノサイト)という細胞に「メラニンを作れ」という指令が出されてメラニン色素が作り出されます。メラニン色素は紫外線などの外的刺激から肌を守る役割をしています。しかし、年齢とともにこのメラニン色素の防衛反応が過剰に起こるのと同時に、肌の血行を促す力が弱まり、メラニンを含んだ角層を押し出すことができずに留まってしまい「しみ」になります。その溜まったメラニン色素にさらに紫外線が当たってしまうことで色が黒くなってしまうのです。頬の高い部分や目元などは紫外線が当たりやすく、目立つ「しみ」が出来ることも・・・。また、特に加齢や妊娠中はホルモンバランスの変化によってメラノサイトが活性化し、通常の10倍近くにも増加しますので、「しみ」が増えやすくなってしまいます。
「くすみ」の原因には、血行不良、乾燥、角質肥厚があげられます。加齢による血行不良によって血液の流れが悪くなると、顔色がさえず、肌がくすんだように見えてしまいます。いわゆる肌に透明感がない状態です。また、水分を保つ力が弱くなると、かさついて肌のキメが乱れ、光の凹凸により肌がくすんで見えます。肌の老化が進むと、肌が生まれ変わる力が衰え、剥がれ落ちるはずの肌細胞が残って、角質層を厚くしていきます。古い肌細胞が残ったままの肌は、くすんだ肌となってしまいます。
このように「しみ・くすみ」は原因は、一言で言うと「肌が生まれ変わる力の衰え」といえます。

ピックアップサイト
http://www.ashmaxblast.com/