しわ・たるみ

年齢を重ねるとともに私たちを悩ませる年齢肌のトラブルの代表的なものが「しわ」ですよね。「しわ」は人生の年輪と言われるけれど・・・やはり若々しい「しわ」のない肌を保ちたいものです。また「しわ」と同時に「たるみ」も私たちを悩ませます。ここではまず「しわ・たるみ」の原因をご紹介します。

しわの原因

「しわ」は年齢とともに急激に加速して、私たちを悩ませる年齢肌のトラブルのうち代表的なものの一つです。まずは皮膚が薄い目元に現れ、年齢を重ねるにつれて額や口元にも現れてきます。「しわ」の原因は主に「乾燥」と「紫外線」です。年齢を重ねると、弾力繊維や膠原繊維といった真皮の繊維組織が変化して、保湿機能が衰え、肌の柔軟性(ハリ)が衰えます。このハリの衰えが「しわ」の原因となります。肌に弾力を与えている代表的な成分に「コラーゲン」や「弾力線維(エラスチン)」があります。健康な肌では、コラーゲンがしっかりと集まって束を作り、その間をエラスチンがゴムのバネのように張り巡らされて肌のハリを保っています。
ところが、紫外線にあたるとコラーゲンは小さく切断され、エラスチンを変性させる酵素も分泌されます。紫外線の刺激によってコラーゲンやエラスチンがどんどん失われていくのです。そして、皮膚が弾力を失ってたるみ、「しわ」となってしまいます。加齢によっても少しずつコラーゲンやエラスチンは減少していくので、より肌のハリが衰え、肌の乾燥も進行します。乾燥すると、表皮の外側にある角質層の表面が壊れてはがれやすくなり、隙間ができてきます。この隙間から表皮の水分が蒸発し、小ジワが出来やすくなるのです。
「しわ」ができやすい部位で代表的なのは、目のまわりです。目のまわりは皮膚が薄く、皮脂の分泌量が少なくて、筋肉の運動量が多いからです。また、笑ったり顔をしかめたりすることによる「表情じわ」も年齢とともに深くなっていきます。
また、肌のハリが衰えることで「しわ」と同時に「たるみ」がでてきます。肌に弾力を与えているコラーゲンやエラスチンが切れたり変性して弱くなってハリが衰え、肌が下がってくるのです。

『ショートカット ボブ』の注目情報をお探しならこれが一押し
http://ameblo.jp/sonchaaan/entry-11483850881.html